1. ホーム
  2. お口の健康コラム
  3. ≫永遠の課題、良い歯医者の探し方とは!?

永遠の課題、良い歯医者の探し方とは!?

歯医者、と一口に言ってもその技術レベルや専門分野に関しては歯医者によって大きく異なります。

ここでは誰もが知りたい良い歯医者の探し方について私なりに思うところを書きます。

良い歯医者とは

結論から先に書くと、良い歯医者とは治療技術が確かで痛みもなく、親切なこと。

これで治療費まで安ければ言うことはありません。

歯科治療は日々進歩しています。医療技術や機材など、とくに最近の技術革新には目覚ましいものがあります。

あなたの通っている歯医者はこうした進歩した技術を積極的に学び、診療室での治療に的確に活かしているでしょうか?

これは良い歯医者の第一条件です。

同じ虫歯でも歯の状態によって治療方法は様々です。治療技術の良し悪しを判断するのは患者さんにとっては中々難しいわけですが、沢山の治療メニューを提示してくれるかどうかは一つの目安になるでしょう。

そして、インフォームド・コンセント(医師の説明と患者の同意)が十分におこなわれているかどうかも一つの基準になります。

歯科治療は治療技術がドラスティックに進歩しているので、患者さんにとっては治療法の選択の余地が広がっています。

それぞれに治療王の内容・メリット・デメリットなどについても丁寧に説明してくれて、かつ患者さんの希望を十分に考慮した上で治療方針・内容を決定する医師が良い歯医者だと判断して間違いありません。

歯医者をチェックする視点を忘れずに

院内が清潔であり、スタッフがにこやかでテキパキと対応する予約制であっても急な痛みで受診した場合にはきちんと対応してくれる、詰め物やかぶせ物の高さなどの調整に時間をかける・・・・・・などなど、見るべき項目は多岐に渡ります。

さらに、予防治療が重視されている現在の状況をきちんと認識し、歯ブラシ指導をしっかり行っているか、噛み合わせに十分気を配っているか、こうした点にも注目したいところです。

逆に、最初から高額の治療費の話をしたり、ロクに説明もせず治療に入る歯医者は避けた方が無難です。

いくらホームページや建物が綺麗であっても、接客が丁寧でも、患者さん一人ひとりに対して誠実に対応しているかどうかは態度や雰囲気から自然とにじみ出てくるものです。

  • 自分はその歯医者が好きか?
  • 自分が受けたい治療を提供してくれたか?
  • 質問にはきちんと答えてくれたか?

患者一人ひとりに個性があるように、歯医者にもそれぞれ空気感というか、医院独自の個性があります。

相性が合わなかったり、どうにも気になる点があるときは受付やスタッフに一度聞いてみましょう。

ちょっとそれは気が引けるので・・・という人もいるかと思いますが、遠慮をして最終的に困るのは他でもない自分自身です。

自分のお口の健康を守るために、言うときはキチンと言えるのが望ましいですね。

すぐに歯を抜く歯医者とそうでない歯医者の違い

さて、どんな人も虫歯になったとしても出来るだけ自分の歯は長持ちさせたいと考えるものです。

そこで、詰め物やかぶせ物をするわけですが、これらは保存治療と言われておりどうしても時間や回数がかかってしまいます。

逆に、時間をかけても治療の見込みの少ない歯は早めの抜歯が必要になります。ただ、同じ状態の歯であっても抜歯する歯医者と抜歯しな歯医者があるのは確かです。

この違いは何なのか?

解答の一つとして、内科と外科の違いが挙げられます。

歯科大学や歯学部には「保存科」という講座があります。これは歯科でいうところの内科にあたります。

これに対して、「口径外科」というのはその名の通り外科です。あくまでも一般論ですが、外科系の医師は抜歯を選択するところが多いように感じます。

内科系の視界はかなり進行した虫歯や歯周病であっても、あくまで抜歯は最後の手段として取っておきます。

最近の傾向としても抜歯はもちろん、抜髄もできるだけ避けるという考え方が主流になっています。

この理由には、患者本人の希望を優先したいというのもありますが、それ以上にどんなに優れたインプラントや義歯も天然の歯には敵わないからです。

歯根膜の重要性

歯根と歯槽骨の間には歯根膜というクッションのような部分が存在しますが、わたしたちがモノを食べて歯ごたえを感じられるのはこの歯根膜があるからです。

歯根膜はそれ以外にも、セメント質や歯槽骨の細胞を作るのにも大切な役割を持っていることが最近の研究で分かってきました。

そんな凄い役割を果たしている歯根膜ですが、抜歯すると歯と一緒に失われてしまいます。

そして、現在の医療技術では歯根膜だけはどれだけ頑張っても再生することが出来ません。

そのため歯医者さんは”歯根膜を残すためにできるだけ抜歯はしない”という方針を取っている理由の一つです。

もちろん、C4などの重度に進行した虫歯などを対処するには抜歯しか手段が無いケースもあります。

歯を無理に残すと骨吸収が進行して入れ歯やインプラント治療が困難になるケースもあるので、結果的に抜歯する場合もあります。

しかし、最近では歯科療法や歯周療法の進歩によってかなり重度の虫歯や歯周病でも抜歯をしなくて済むようになりました。

歯科技術は日進月歩のペースで常に進化を見せています。

それを踏まえると、数十年後には“歯の治療で抜歯だなんて想像できない”という時代が来るかもしれませんね。

シェアをお願いします。